ホーム > 活動報告 > ピンクリボンいくしまウオーク

募金活動から啓発イベントまで 活動状況について

10月19日 ピンクリボンいくしまウオークを実施しました。

早期発見であれば9割の人が治癒するという乳がん。予防法がないだけに、早期発見がとても大切です。乳がん啓発を目的としたウオーキング大会「ピンクリボンいくしまウオーク」を、10月に開催しました。

ピンクリボンいくしまウオーク

●早期発見と検診受診の大切さ訴え 500人が約10キロに挑戦

ウオーキングを楽しみながら、乳がんの早期発見を啓発する「ピンクリボンいくしまウオーク」が10月19日(日)に開かれました。高松市のサンポート高松から香川県総合運動公園まで歩く約10キロのコースには、子どもから大人まで約500人が参加。シンボルカラーのピンクの帽子をかぶって早期発見・治療の大切さを町行く人々に呼びかけました。

法村尚子先生と紺谷桂一先生が乳がんについて解説したトークショー
法村尚子先生と紺谷桂一先生が乳がんについて解説したトークショー

ピンクリボンいくしまウオークは、日本対がん協会協力のもと、乳がん月間の10月に合わせて実施し、今年で2回目。ゴールの香川県総合運動公園では「ピンクリボンフェス」と題し、多彩なステージイベントやワークショップを実施。トークショー「乳腺専門医による『知りたい!なるほど!まるわかり!』」では、香川大学医学部・紺谷桂一先生と高松赤十字病院・法村尚子先生が、自分で乳がんを見つける方法などを分かりやすく紹介しました。

足湯と簡単マッサージでウオークの疲れを癒やす参加者たち  キッズダンスチームによるチアパフォーマンス
(写真左)足湯と簡単マッサージでウオークの疲れを癒やす参加者たち
(写真右)キッズダンスチームによるチアパフォーマンス

おっぱいとピンクリボンの木型で和三盆の型抜き体験  アロマの香りに癒やされる入浴剤作りのワークショップ
(写真左)おっぱいとピンクリボンの木型で和三盆の型抜き体験
(写真右)アロマの香りに癒やされる入浴剤作りのワークショップ

午後からは、健脚向けに約12キロの山道コースを歩く第二部も実施。同公園を出発し、根来寺を含む遍路道を元気良く歩きました。